ミスティ・コープランド

バレエ界という枠を超えて大スターへの階段を駆け上がっているミスティ・コープランド。ワシントンDCでの講演会に行って来ました。彼女がここまで有名になったのにはいろいろ理由がありますが、まずこれまで黒人にはバレエは無理と言われたいた通説を覆しアメリカ5大バレエ団の一つでアメリカを代表するバレエ団アメリカン・バレエ・シアター初の黒人プリンシパルダンサーとなったことがあります。 しかも3歳とか5歳から始めることが多いバレエをミスティが始めたのはなんと13歳の時!それってものすごく遅いスタートです。その頃にはポイントシューズで2年ほど踊っているのが普通だし体も出来上がってくるからかなり厳しい状況だろうに、そこからたった3年でプロになります。 […]

Read more

女子力って何?

朝日新聞で展開している「女子力って何?」キャンペーンですが、サラダを取り分けて「女子力高い」なんて言われても全然嬉しくないし、そんな「女子力」いらない、と思っちゃいました。第一私、いろんな集まりでもそんなことしません。近くにいる人がすればいいし、それは男性でも女性でもやりたい人がやればいいと思う。やる人がいなければ自分で自分の分だけ取ればいい。私が近くにいれば夫の分を取ってあげることもあるし、夫の方が近ければ夫がしてくれます。女性だからとそんなことを期待されるのは嫌だし、やって「褒められる」のも変だと思うのです。それで「気の利かない人」と思われても別に気にしません。もっともアメリカだからこれでも何の問題もなく生活出来るのでしょうが。みんなそうですし。そもそも男性は女性にそんなこと期待しません。もしビールやワインでもつごうものなら「Geisya!」なんて言われちゃうかも。 私ね、女子力ってもっとシンプルなことだと思うのです。それって毎日を元気に美しく自分らしくハッピーに生きる力だと思います。生き生きと輝いている女性って女子力高いな、と私は思っていました。だけど根本的に私は意味を間違えていたようです。これから女子力って言葉は死語にしてGirl […]

Read more

最高の就任式の表示

こういうところが私の大好きなアメリカなのです。「就任式につき渋滞が予想されます。カナダへの移住をお考え下さい」なんて素敵なジョーク!もう最高です。友人が送ってくれたのだけど嘘かと思ったら本当何ですって。だけどこれって公的なものだからきっとこの洒落た文句を考えた方、お叱りを受けるのでしょうねえ。でもこれだけ人望のない人が一番上になったのだから許されてもいいのじゃないかな。 今日はWomen’s […]

Read more

就任式の舞台裏

トランプさん本当に人気ないですね。オバマ大統領の就任式の時は人人人で埋め尽くされていたのに、今回は数えられるんじゃない、というくらいしかいません。当然ですが。就任式の前にワシントン大聖堂でのお祈りがあったのですが、これがまたまた大論争でした。大聖堂には専属の聖歌隊がいるのですがこれが全部子供なのです。そしてこの子供たちの親が「トランプのために歌わせるなんてとんでもない!」と大抗議。新聞にも抗議の文が載って大変でした。 明日は全米から25万人が集まってWomen’s […]

Read more
1 2